BRICSCAD - BRICSYS JAPAN

BRICSYS JAPAN公認サイトはビージェーソフト株式会社が運営しています。

BricsCAD カスタマイズ

BricsCADで自社システムがカスタマイズできます

BricsCADは、dwgファイルが読み書きできるだけでなく、ユーザー様でカスタマイズもできます。BricsCADで自社コマンドを作成して、より使いやすいCADに発展させることが可能です。
ビージェーソフトは、親会社のアルファテック株式会社での長年のAutoCAD開発のノウハウを生かして、御社の課題を最低限の投資で実現いたします。
御社のCADシステムの合理化にお役に立ちます。是非ご検討下さい。
・BricsCADではある程度のカスタマイズが可能です
メニューから実行するコマンドはカスタマイズ可能です。
C++ソースで実装するとよりWindowsライクなプログラムも作成可能です。
AutoCADの2次元ベースのカスタマイズについては一部の例外を除き、ほとんど同じようなことが可能です。
それは一部の例外を除き、BRX と ARX はソース互換であり、関数名などは全く同じだからです。
このため、関数がBRXに未実装の場合はARX を BRX に移植したとき、ビルドエラー、または実行時にエラーメッセージが表示されます。
また、カスタマイズオブジェクトの扱いには制限がある場合があります。
(*)これはすべてのカスタマイズが可能であることを保障するものではありません。目安と捉えてください。

・AutoCADの自社カスタマイズソースをBricsCADに移植できます
Lispソースの場合、ある程度の修正でBricscad上でも動作できます。
ARXの場合は、BRXライブラリーで再コンパイルリンクして調整する作業が必要です。
(*)これはすべてのカスタマイズが可能であることを保障するものではありません。目安と捉えてください。
BricsCADのSDKについて
BRICSYSのホームページから開発デベロッパーとしてご登録(無料)が必要です。
ご登録いただきますと、弊社からデベロッパー登録に必要な情報記載のためのフォーマットをメールにて送付いたします。
ご記入後弊社にご返送ください。フォーマットを元に弊社からBricsysにデベロッパー登録申請を行います。
デベロッパー登録申請が受理され処理が完了いたしますとBricsysより開発ツールキット(SDK)ダウンロードのためのCHAPOOIDが提供されます。

・AutoCADとBricsCADでカスタマイズソースの共通化の提案
AutoCADで自社カスタマイズをしており、今のAutoCADをそのまま使用して増設分だけBricsCADにする場合、
基本的にはそれぞれのCADが提供するライブラリで再コンパイルリンクするわけですから、ソースは共通化できます。
但し実際のコードで回避できない問題があるかもしれません。
ビージェーソフトでは、親会社のアルファテック株式会社での長年の開発ノウハウを生かして、AutoCADとBricsCADのC++ソースを共通化するご提案ができます。ご検討ください。
 
・BricsCADカスタマイズ導入後の立ち上げをサポートします
ビージェーソフトでは、カスタマイズのコンサルタントから、プログラム開発、導入後の早期立ち上げを、経験豊富な人材でサポートいたします。(開発問い合わせサポートも有償契約にて承っております)

カスタマイズ よくあるお問い合わせ一覧

BricsCADのカスタマイズについて、よくあるお問い合わせの一覧です。
カテゴリ
質問

メニュー

LISP

VBA

BRX

.Net API