BRICSCAD - BRICSYS JAPAN

BRICSYS JAPAN公認サイトはビージェーソフト株式会社が運営しています。

各種カスタマイズ

 

メニュー

BricsCAD はメニュー項目やツールボタンなどのユーザーインタフェースを自由に設定することができます。
特別なプログラミング言語の習得や定義ファイルの作成をするのではなく、専用コマンドでカスタマイズすることができます。

利用について


■ カスタマイズメニューの使用
カスタマイズされたユーザーインタフェースは拡張子[cui]ファイルに保存されます。
拡張子[cui]ファイルをロードすることで、カスタマイズメニューを使用することができます。
一度ロードされたカスタマイズメニューは、同じプロファイルであれば、再起動時に自動でロードされます。

■ カスタマイズメニューの作成
カスタマイズメニューは、専用コマンド[customize]で作成・編集します。
メインメニューファイルまたは部分メニューファイルを作成・編集し、保存します。

実際のメニューのカスタマイズ例については以下を参照してください
>>メニューのカスタマイズ

■ 関連コマンド
cui または customize
メニューやショートカットなどを編集・登録するためのコマンド
 

LISP

LISPはリスト処理に特化したプログラミング言語で、括弧を多用するインタプリタ(逐次実行)言語です。
BricsCAD の LISP は、図形データをリストに適用し、図形の作成・編集などの機能をカスタマイズできます。

利用について


■ LISPプログラムの使用
    LISP はすべての BricsCAD対応OS および グレードで利用することができます。
    また、体験版としてインストールした場合でも使用可能です。

    LISP を使用するための機能はインストール時に標準でインストールされますので、LISP プログラムはインストール直後から使用することができます。

■ LISPプログラムの作成
LISP プログラムを開発するための統合環境などは提供されていません。
メモ帳などのテキストエディタでプログラムを記述、ロードすることで、LISP で記述して拡張機能を使用することができます。
また、短いプログラムであれば、メニューマクロとして記述し、メニューから実行することもできます。

■ 関連コマンド
・APPLOAD
各種カスタマイズモジュールをロードするためのコマンド
 

VBA

VBA (Visual Basic For Application)は、アプリケーションを独自に拡張するマクロ言語用に作られたMicrosoftのプログラミング言語です。同社のプログラミング言語 [Visual Basic] の言語仕様で記述するインタプリタ(逐次実行)言語です。

VBA利用について


■ VBAプログラムの使用■
VBA は BricsCAD ~V16までは 32bit 版 のみ、 BricsCAD V17 からは32bit/64bitで利用可能です。
対象 OS はWindows となります。また、利用可能なグレードは Pro 以上となります。

VBAプログラムを使用するためには、VBAマクロファイルをロードし、VBA実行コマンドにて実行します。
VBAマクロファイルのロードや実行のためのコマンドを使用するためには、別途VBAのエンジンのインストールが必要です。
また、VBAエンジンをインストールしている場合でも、VBAエンジンのセキュリティ設定により実行できない場合があります。
そのときは、セキュリティ設定をする必要があります。

セキュリティレベル


VBAバージョン
対象のCADのバージョンによってVBAバージョンが違うので注意して開発を行ってください。
BricsCADはV17より32bit/64itで開発可能です。

CADバージョン VBAバージョン
BricsCAD V16 (32bit) VBA 6
BricsCAD V17 (32bit) VBA 7.1
BricsCAD V17 (64bit) VBA 7.1


■ VBAプログラムの作成■
VBAエンジンをインストールすると、プログラム開発用統合環境を利用することができます。
各種コマンドにて、プロジェクトの作成やプログラムの作成・実行を行ないます。

■ 関連コマンド■
・vbanew
VBAプロジェクトを新規に作成するコマンド
・vbaide
VBAプログラムの開発用エディタを表示するコマンド
・vbaload
VBAマクロファイルをロードするためのコマンド
ファイル選択ダイアログでロードするVBAマクロファイルを選択し、ロードします。
ダイアログを表示せずに、ファイルパスを指定してロードさせる場合は、コマンド[-vbaload]を使います。
・vbarun
ロードされているVBAマクロを実行するためのコマンド
VBAマクロ一覧ダイアログから選択して、実行します。
ダイアログを表示せずに、VBAマクロを実行させる場合は、コマンド[-vbarun]を使います。
・vbaman VBA管理コマンド
ロードされているマクロファイルやプロジェクトの一覧を表示し、VBAマクロプロジェクトの新規作成やロード中のVBAマクロファイルおよびプロジェクトの一覧表示、開発用エディタの起動などが1つの画面から実行できます。
 

BRX

BRXは Microsoft のプログラミング言語 [Microsoft Visual C++] にて拡張機能を作成するC/C++言語形式のAPIです。
図形データのみならず、CAD自体の機能についてもクラスライブラリとして提供している拡張性の高いAPIです。

利用について


■ BRXプログラムの使用■
BRX の対象 OS はWindows となります。
利用可能なグレードは Pro 以上となります。 (Classic では、BRXプログラムをロードすることはできません)。

BRX プログラムを使用するためには、BRX モジュールをロードする必要があります。
BRX モジュールのロードはコマンド[appload]にて、モジュールファイルを指定し、ロードするか、LISP プログラムにて関数(arxload)にてロードします。

■ BRXプログラムの作成■
BRXはDLL形式のモジュールとなります。
BricsCAD V16.2、V17.1 の BRXモジュールを開発するためには、以下のものが必要になります。
・Microsoft Visual Studio 2013 / VisualC++ 12
・BRX SDK (V16.1.05 r9634 以降) (*1)
BricsCAD V15 の BRXモジュールを開発するためには、以下のものが必要になります。
・Microsoft Visual Studio 2010 (SP1~) / VisualC++ 10
・BRX SDK (V15.1.11 r8865 以降) (*1)
(*1)
BRX SDK は、Bricsysが提供する開発キットです。
デベロッパー登録をし、承認されると、専用サイトよりダウンロードすることができます。

Visual Studioのバージョンにつきまして
こちらは Visual Studio 2013 でビルドする必要があります。
開発環境に Visual Studio 2013 と Visual Studio 2015 の両方がインストールされている場合は、 プロジェクトの "プラットフォーム ツールセット" を "Visual Studio 2013 (v120)" にすることで、 Visual Studio 2015 でもコンパイル可能です。
いずれにしましても Visual Studio 2013 がインストールされている必要があります。

デベロッパー登録は以下のページの「デベロッパー登録 申請」より必要事項を入力して登録してください。
>> BricsCAD 開発の為の開発者登録を行なう
Bricsys(https://www.bricsys.com/)サイトの開発者登録ページに移ります。

■ 関連コマンド■
・APPLOAD
各種カスタマイズモジュールをロードするためのコマンド
 

.NET API

.NET API は Microsoft の .NET Framework 環境上で動作するアプリケーションを作成するためのAPIです。
BRX 同様に図形データのみならず、CAD 自体の機能についてもクラスライブラリとして提供している拡張性の高いAPIです。

利用について


■ .NET APIの使用■
.NET API の対象 OS はWindows となります。
利用可能なグレードは Pro 以上となります。
(Classic では、.NETプログラムをロードすることはできません)。

.NET API プログラムを使用するためには、.NET モジュールをロードする必要があります。
.NET モジュールは コマンド[appload] または コマンド[netload]にて、モジュールファイルをロードします。

■ .NETプログラムの作成■
.NET アプリケーション は DLL 形式(.NETのアセンブリ形式)となります。 .NETモジュールを開発するためには、以下のものが必要になります。
・.NETアプリケーションを作成できる開発言語
BricsCAD V16 は NET Framework 4.5 ベースとなるので、NET Framework 4.5 の .NET アプリケーションが作成できるもの。
BricsCAD V15 は NET Framework 4 ベースとなるので、NET Framework 4 の .NET アプリケーションが作成できるもの。
Visual Basic, Visual C# など
・BricsCAD の .NET アセンブリ
BricsCAD の .NET アセンブリ(クラスライブラリ)は、BricsCADのインストールフォルダにインストールされます。
>> Visual Basic での 新規プロジェクトの作成方法

■ .NETコマンド■

・NETLOAD
.NETモジュールをロードするためのコマンド