BRICSCAD - BRICSYS JAPAN

BRICSYS JAPAN公認サイトはビージェーソフト株式会社が運営しています。

BricsCAD バージョン別新機能比較一覧

Classic, Pro, Platinum共通

システム V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
ECW-JPEG2000:ecw/jpg 2000 SDKライブラリがV2.3からV5.3にバージョンアップ            
Windows10対応      
Windows8/8.1対応    
アクティベート方式ライセンス管理    
2013dwg形式対応  
インタフェース V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
LAYERFILTEREXCESS:画層フィルタが画層より多い時、画層フィルタを削除しパフォーマンスの向上を推奨する機能            
PROXYNOTICE:存在していないアプリケーションによって作成されたカスタム図形を含む図面を開いた時、通知する機能            
コンテンツブラウザ:ユーザーが選択したフォルダに含まれる図面のツリービューを提供する機能          
画層パネル:ドッキング可能なパネルで、画層や画層設定を管理          
パネルドッキング対応(タブ表示):コマンドバー、複合材料(BIM)、コンテンツブラウザ、画層、マテリアルブラウザ、プロパティーバー、レンダリングマテリアル、リボン、シートセット、構造、ツールパレット          
起動ダイアログ:ワークスペースなどを設定するために、どのプロファイルを使用すれば良いかをサポート          
プロパティーパネル:サーフェスに形状プロパティーが追加 [ウォータータイト]、[ループ]、[穴]、[粒]、[面]。          
PROMPTOPTIONFORMAT:コマンドオプションがコマンドラインにどのように表示されるかをコントロール          
透過性:透過性のプロパティで直接、または、画層で設定が可能        
ライセンス管理ダイアログ(製品共通):利用可能なライセンス情報(BricsCAD、Communicator、板金)をまとめて表示する機能        
QUAD TABS:新しいタブレイアウトがクワッドで使用可能        
図面ロックファイルシステム:図面が開いている間、.dwl と .dwl2 ファイルが一時的に作成され別ユーザーは、その図面がいつ、誰が使用中かを把握可能        
WHOHAS:選択図面のオーナー情報を表示        
ユーザビリティ:SUPPORTFOLDER、TEMPLATEFOLDER(サポートパス、TEMPパス表示)        
ライセンス管理:IPv6をサポート      
MAPCONNECT:webマップサービスと接続機能      
ShowDocTabs:開いたドキュメント名をタブ表示、非表示を設定      
DocTabPosition:ドキュメントタブを位置設定      
SHORTCUTMENUDURATION:右クリックによるショートカット表示時間設定      
LAYLOCKFADECTL:ロック画層フェード表示をコントロール      
リボン:リボンをサポート。2D作図、3Dモデリング、メカニカル、BIMの各ワークスペースで個別に設定、利用可能      
ラスターイメージ:キャッシュ処理、GeoTIFFのサポート    
異尺度対応スタイルと(異尺度対応)注釈図形がサポート    
GUI:ツールバーやツールパレットで、より大きな(32 x 32ピクセル)アイコンが利用可能    
3D CONNEXIONマウス対応    
BricsCADへのファイルのドラッグ&ドロップ時、右マウスボタンを押すと、オプションを指定可能    
CHAPOOクラウド共有ディスク利用  
2D作図・編集 V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
HATCHGENERATEBOUNDARY:すべてのタイプのハッチングループをサポート            
ERASE:3Dソリッド、サーフェスのエッジや面の削除が可能          
配列編集: ARRAYEDITコマンドのREPLACEオプションが追加        
ROLLOVERTIPS: 図形上にカーソルを置いたときロールオーバーツールチップ表示をコントロール        
ツールパレットのグループ化が可能        
DATAEXTRACTION:データ抽出する機能        
スナップ:図心(GCE)スナップが"ホーム->図形スナップ"リボンパネルに追加        
MTEXT:複数列の作成/編集が可能        
シートセット:SSMAUTOOPEN、SSMPOLLTIME、SSMSHEETSTATUS コントロール追加        
DCDISPLAY:拘束アイコンの表示・非表示を設定      
EXPLODE:サーフェイス図形の分解する機能      
複写:繰返し(REPEAT)オプションが追加され、配列複写のような操作が可能      
OVERKILL:線分、円弧、ポリライン(LW、2D、3D)の重複図形を削除する機能    
HELIX:らせん作図機能    
PEDITEXT:ポリライン頂点、セグメント編集    
-VisualStyles:表示スタイル    
CONVERTPOLY:LWポリラインを旧・新形式へ変換する機能    
LAYCUR:選択図形の画層をカレントに設定する機能    
CAMERA:パースビューの作成    
MLINE / MLSTYLE:マルチライン作成 / マルチラインスタイル作成・編集する機能  
3D関連 V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
3D図形スナップ:3Dソリッドのスナップサポート頂点、中点、中心、 近接店、ノット、垂線、解除が可能        
寸法 V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
DIMBREAK:図形と交差する場所で寸法線や寸法補助線を分割する機能            
寸法スタイルファミリー:一つ、または、複数の子スタイルを持つ親寸法スタイルがサポート          
寸法スタイル比較:詳細表示一覧で選択した寸法スタイルの比較表を表示          
寸法サブ単位:サブ単位の接尾が寸法値に追加          
AIDIMFLIPARROW:個別寸法矢印を反転する機能          
AIDIMPREC:寸法精度(DIMDEC)を設定          
AIMLEADEREDITADD / AIMLEADEREDITREMOVE:マルチ引出線の引出線追加 / 削除のショートカット      
DIMREASSOCIATE:既存図形へ寸法を再度、連携させる機能  
QLEADER:クイック引出線機能  
選択・スナップ・トラック V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
DMSELECT:入力エッジから類似の凸面を持つ隣接エッジを見つけて選択が可能          
ZINTERSECTION:面のエッジやトラッキングラインの交点への3Dスナップを追加          
SELECTIONMODES:エッジ、面、境界選択モードをコントロール      
印刷・複数ファイル管理 V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
PDF印刷:専用のカスタム用紙サイズ名の編集コントロールが追加            
PDF印刷:ビルトイン印刷ドライバー'Print as PDF'で直接、PDFファイル出力が可能          
パブリッシュ: パブリッシュでPDF書き出しが可能    
その他 V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
RECOVERALL:すべてのネストされた外部参照図面を含む図面を修復し、各図面を.BAKコピーと.ADTレポートに保存する機能            
クワッド設定:クワッド設定をツールカスタマイズで編集可能            
ビューポート:クリップの有無にかかわらず、ビューポートの回転が可能            
RESETBLOCK:ダイナミックブロックをデフォルト値にリセットする機能          
XEDGES:3Dソリッド、サーフェス、リージョンのエッジからライン、円、円弧を作成          
LAYER STATE EDIT:画層状態編集が可能        
EXPORTLAYOUT:カレントのレイアウトから全ての表示図形を新規図面のモデルとして出力する機能        
図面エクスプローラ:フォルダービューの閉じた図面間での画層、文字スタイル、線種、座標系がドラッグ&ドロップ操作でコピーが可能        
MATBROWSEROPEN:レンダリング素材ライブラリ      
式:表のセルに式を直接入力可能      
NOTIFICATION:アタッチされたファイルが無いか、変更されたとき、警告を表示をコントロール      
LAYERP:画層設定へ実行された最新の変更を元に戻す機能      
PDFADJUST:PDFアンダーレイのフェード、コントラスト、モノクロ設定を調整する機能      
スプレッドシートを表として貼り付け:Excelスプレッドシートの指定範囲をdwgの表要素として貼り付け可能    
TABLE:XMLSSファイルからも表を作成する機能    
BATTMAN:既存ブロックの属性定義を管理  

Pro, Platinum

プログラミング V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
VBA 7.1 - x64 - x86:BricsCAD x64 版でも、統合されたVBA開発環境がサポート          
2D作図・編集 V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
VIEWUPDATE:選択図面ビューを更新する機能    
VIEWEXPORT:BMGENDRAFTで得られた図面ビュー内容を同じ図面のモデルへ書き出すことが可能    
BMGENDRAFT:3Dモデルから関連する2D、3Dビューの作成    
3D関連 V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
XFACES:3Dサーフェスオブジェクトとして、3Dソリッドやサーフェス面を抽出            
ANIPATH:3Dモデルに対して、パスに沿ってカメラを移動させたり、画面移動させたアニメーションを記録し、ムービーファイルに保存する機能          
MATERIALMAP:ベース形状の周りにマッピングされるレンダリングテクスチャーをコントロール          
IMPRINT:3Dソリッドやサーフェス上に2D形状を転写、平面上へのエッジ追加が可能        
DMSELECT:"Relation/Smooth"でパーツの滑らかな側を選択可能        
VIEWSECTIONSTYLE:切断ビューと切断線の表示形式を指定可能      
VIEWDETAILSTYLE:詳細ビューと詳細シンボルの表示形式を指定可能      
VIEWEDIT:作図ビューの尺度と隠線表示方法を変更できる機能      
POLYSOLID:壁形状のソリッドを作成可能      
VIEWBASE:モデル空間の現在のビューに対応するビューを生成することが可能      
3D拘束: 表記とパラメータで、寸法拘束値を指定することが可能    
BMGENSECTION:3Dモデルから関連する断面ビューを生成する機能    
DmExtrude:面や3Dソリッドで押し出しの制限オプションが追加  
ダイレクトモデリング DMMOVE / DMROTATE:ブロック参照に適用可能  
ダイレクトモデリング DMREVOLVE / DMEXTRUDE:ソリッドフェースに適用可能  
ダイレクトモデリン DMROTATE / DMREVOLVE:回転軸として使用可能  
その他 V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
COMMDIAG:Communicator製品が正しくインストールされているかどうかを確認する機能            

Platinum

3D関連 V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
3D拘束:拘束が作成されている時、外部コンポーネントの.dwgファイルが変更されると.bakファイルが作成される機能            
3DCOMPARE:3Dソリッドやサーフェスを持つ二つのdwgファイルを比較が可能          
3DCOMPAREMODE:比較結果を一つまたは二つのビューポートに表示するかをコントロール          
DMANGLE3D:円錐の半角拘束機能          
DMDISTANCE3D:円柱、円、球に対する特別な計測モードの導入          
アセンブリ設計:ローカルメカニカルコンポーネントの導入        
SURFACE MODELING:サーフェスが完全サポートされ、ダイレクトモデリングと3D拘束がサーフェス図形と境界に適用        
DMCOINCIDENT3D:選択された3Dソリッドの全ての重複面に自動的に一致拘束が作成される機能        
変形モデリング:3Dソリッドやサーフェスの面およびエッジを自由に変形する機能        
REPORT PANEL:メカニカルブラウザに[レポート]タブを追加        
アセンブリ設計:メカニカルブラウザで、部品のマテリアル密度プロパティを追加可能      
DMSIMPLIFY:3Dソリッド図形とトポロジーの簡略化      
DMSTITCH:分割されている読み込まれたサーフェス群を形成し、3Dソリッド化する機能      

オプション

Communicator
オプション(別ライセンス)※1
V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
書き出し:製品(アセンブリ)構造がIGES/STEPで書き出し可能          
書き出し:ExportProductStructure
(アセンブリ構造書き出しのコントロール)
         
読み込み:ImportHiddenPartsをサポート
(非表示パースのコントロール)
         
読み込みアセンブリパーツの検索パスを指定:Creo、Inventor、Nx、NxDirect、SolidEdge、SolidEdgeDirect、SolidWorksのファイル形式に適用可能          
読み込み:XCGMファイル形式をサポート          
PDF EXPORT:図面に含まれたハイパーリンクのPDF出力可能        
ACIS書き出し:サーフェス図形も .satファイルに書き出しが可能      
書き出し:STE、STP、STEP/IGS、IGES/CATIA V4V5/VDA/3D PDF形式をサポート    
読み込み:IGS、IGES/STE、STP、STEP/IAM、IPT/CATIA V4 and V5/PARASOLID/PAR、PSM/PRT/ASM、PRT/SLDASM、SLDPRT/VDA形式をサポート    
SheetMetal
オプション(別ライセンス)※1
V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
SMIMPRINT:隣接するフランジとベンドに依りケガキエッジで板金部品面の厚さを分割する機能            
SMPARAMETRIZE:板金部品に3D拘束を自動的に付加し、寸法をコントロール            
BMINSERT:内部コンポーネント、板金フォーム挿入や矩形整列挿入項目配置機能等が実装          
フォームフィーチャー:シートへの成形ツールの適用結果に対応する新たな種類の板金フィーチャー          
SMFLANGEBEND:曲げ半径のK-ファクターでラインに沿って既存のフランジを曲げることが可能          
ロフトベンド:フィーチャーの有効化が追加          
SMUNFOLD、SMEXPORTOSM:コンポーネントマテリアルについての情報が.dxf/.osmファイルに出力可能          
板金の機能拡張:2つの新タイプのコーナーリリーフをサポート / 板金フィーチャーの面に対して色を定義が可能 / ロフト曲げフィーチャーのサポート等        
板金:読み込まれた板金パーツ上に生成されるWrong Bend(誤ったベンド)フィーチャータイプを導入        
smTargetCAM: SMUNFOLDコマンドを使用して、板金部品を展開処理する時のターゲットCAMシステムを設定するシステム変数      
BIM
オプション(別ライセンス)※1
V12 V13 V14 V15 V16 V17.1 V17.2
BIMPATCH:BIM断面が更新されるとBIMPATCHが作成された時と同一であるかどうかをチェックする機能            
BIMDRAG:クワッドの新ボタン'最寄りに接合'を使用すると、壁またはスラブのソリッドを最も近いソリッドまで延長する機能            
BIM断面更新:ミリまたはインチ以外の単位での作業をサポート            
BIMINSERT:窓とドア 対象の3Dソリッドとコンポーネント定義ファイルのBIM_UNITE/BC_UNITE画層の全てのソリッドとの和のブーリアン処理を行う機能          
BIMROOM、BIMUPDATEROOM:部屋の作成、更新          
BIM:ビルディング要素、壁、スラブ数がプロパティーバーで表示        
※1 オプション(別ライセンス)は下記のグレードが必要となります。
Communicator (Pro/Platinum) 、SheetMetal(Platinum)、BIM(Platinum)