BRICSCAD - BRICSYS JAPAN

BRICSYS JAPAN公認サイトはビージェーソフト株式会社が運営しています。

BJ-MechaTool Pro / BJ-MechaTool 基本機能

新ページ作成

クリックすると拡大表示します

新たに図面を作成するコマンドです。
予め作成してある図枠を選択し、尺度を設定する事ができます。
図枠の尺度に対する、線種や寸法の尺度も設定できます。


表題・尺度・図枠変更

クリックすると拡大表示します

図枠の図題情報欄に設定した図題項目を編集することができます。
また、尺度変更や図枠の置き換えも可能です。


図枠作成・編集

クリックすると拡大表示します

新しい図枠の作成や、既存の図枠を編集するコマンドです。
既存の図枠や図面を呼び出して編集することができます。
用紙サイズや図題情報の項目も、図枠作成時に決めていきます。


尺度対応更新

クリックすると拡大表示します

異なる尺度の図面からコピー等した場合、矢印寸法や寸法値の尺度が合わずに小さく(大きく)表示されますので、現在の図面の尺度にフィットさせるためのコマンドです。


仕上げ記号

クリックすると拡大表示します

表面粗さの範囲の仕上げ記号シンボルを作画・挿入するコマンドです。

・表現できる記号
除去加工の有無を問わない、除去加工する、除去加工しない
記号が接している面を全周する表面粗さの表記
筋目方向の記号:= / ⊥ / x / M / C / R / P


溶接記号

クリックすると画像が拡大します

溶接方法の指示を記述する記号シンボルを作画・挿入するコマンドです。

・基本形は4種類
なし / 全周溶接 / 現場溶接 / 全周現場溶接
・上部記号
なし/ すみ肉/ I形/ スポット溶接/ シーム溶接/ V形/ レ形/ J形/ U形/ 両フランジ/ ビート肉盛/ プラグ/ スロット
・下部記号
なし/ すみ肉/ I形/ スポット溶接/ シーム溶接/ V形/ レ形/ J形/ U形/ 両フランジ/ ビート肉盛/ 肉盛/ プラグ/スロット
・表面形状
なし / へこみ / 凸 / 平ら


溶接表示

クリックすると拡大表示します

溶接表示シンボルを選択し、作画するコマンドです。
V型突合せ溶接 / すみ肉溶接 の正面図/側面図 の選択が可能です。


幾何公差

クリックすると拡大表示します

幾何公差を表す幾何交差枠を挿入するコマンドです。

・幾何公差記号

全周なし / 全周あり

・幾何公差(上下)

なし/ 真直度公差/ 平面度公差/ 真円度公差/
円筒度公差/ 線の輪郭度公差/ 面の輪郭度公差/
平行度公差/ 直角度公差/ 傾斜度公差/ 位置度公差/
同心度公差/ 対称度公差/ 円周振れ公差/ 全振れ公差/

・実体公差(上下)

M / P / L / F /E


データム

クリックすると拡大表示します

データムシンボルを作画・挿入するコマンドです。

・4種類の形状が作図できます。

四角の枠と垂直な引き出し線(文字数2文字)

四角の枠なし引き出し線は自由角度(文字数2文字)

円の上下に文字、引き出し線は自由角度(文字数(上)制限なし(下)4文字)

四角の枠で引き出し線なし(文字数制限なし)


バルーン作図

クリックすると拡大表示します

注釈、部品番号の記入等に利用できるバルーン(風船記号)を入力するコマンドです。

設定により、文字スタイルの変更、カウントアップ入力が行えます。
3文字以上の入力で長円になります。


部品表枠の作図

クリックすると拡大表示します

バルーンと連携した部品表を作成することができます。


バルーンブロック属性と表の見出し文字とのリンク

クリックすると拡大表示します

カレント図面内のバルーンシンボル属性と表枠作成で作成した部品表の列(項目)とをリンクすることができます。


バルーンブロック属性値を表に自動転記し部品表自動作成

クリックすると拡大表示します

バルーン表リンク設定を行った部品表に対して、バルーンブロック内の属性値を反映(更新)することができます。


バルーンの追加・削除・属性値の変更を部品表へ自動更新

クリックすると拡大表示します

バルーン表リンク設定を行った部品表に対して、バルーンブロック内の属性値を反映(更新)することができます。

バルーンの増減があった場合、表の行数も連動して増減します。
表の行数はバルーン表リンク設定の内容を参照して行われます。


部品表内の文字列を編集してバルーンの属性値へ自動反映

クリックすると拡大表示します

バルーン表リンク設定を行った部品表の情報をバルーンブロック内の属性値に反映(更新)することができます。


部品コンテンツ (Proのみ)

クリックすると拡大表示します

機械要素の部品コンテンツから部品を選択して配置するコマンドです。
正面図/側面図を選択し、パラメーター(形式、サイズ等)を選択するだけで部品の作画が可能です。

【部品種別】
◆通し穴・タップ(B1004)
◆ねじ・ボルト(ねじ/管用ねじ/座金/ボルト/ナット)
◆軸/コンポーネント(軸端/軸継手/軸受/歯車/キー/シール類)
◆形鋼・鋼管(形鋼/軽量形鋼/角形鋼管)
◆配管関係
◆ばね
◆ベルト・チェーン関係


陰線処理 (Proのみ)

クリックすると拡大表示します

部品コンテンツで配置した部品と他図形が重なる場合、表の部品が前面に表示されるよう陰線処理を行うコマンドです。
陰線処理前に復元も可能です。


幾何計算 (Proのみ)

クリックすると拡大表示します

対象と計算項目を選択する事で、閉領域の周長、面積、重心、モーメントなどを算出するコマンドです。 出力結果は図面へ貼り付けることもできます。


補助線作画機能

クリックすると拡大表示します

様々な補助線(下書き線)を入力するコマンドを用意しています。
補助線は、[HOJO] 画層に作図され、色は[紺]、画層はロックされます。削除する場合は、専用コマンドで削除できます。

・補助線の種類
水平・垂直線入力
角度線入力
水平・垂直線自動発生
オフセット
分割
マトリクス
削除
補助線をライン化


円/円弧状の十字中心線 (Proのみ)

クリックすると拡大表示します

指定した円周上に十字中心線と円を作画するコマンドです。
円周上に配置する円の数や、中心線の回転角度の指定が可能です。


マルチ寸法 (Proのみ)

クリックすると拡大表示します

寸法入力や編集を容易に行うコマンドです。
長さ寸法や径長寸法、角度寸法などを単一コマンドで作成、編集することができます。対象要素や指示方法にあわせて寸法種類が切り替わります。

【作図可能な寸法種類】
単独 /片側 /直列 /並列 /累進 /連段 /要素間 /半径 /直径 /大半径 /弧長 /弦長 /万能角度 /面取り

また寸法編集ダイアログから、特殊文字の付加、はめ合いや寸法公差の編集も可能です。


面取り用のC寸法表記の入力(JIS寸法)

クリックすると拡大表示します

JIS規格の「面取り用のC寸法」に基づき、面取りされたオブジェクトに ”C寸法” を記述した引き出し線を作画するコマンドです。
寸法線に平行に寸法値を記入することもできます。


C寸法表記の文字移動、引出線移動(JIS寸法)

クリックすると拡大表示します

C面取り寸法の引出線および寸法値を簡単に移動するコマンドです。

引出線を選択した場合、引出線の角度を維持しつつ、対象の線上を滑るように引出線を移動します。
寸法値を選択した場合、引出線の開始位置は固定し、引出線を伸縮させ寸法値の位置を移動します。


公差寸法の簡易入力(はめあい寸法を選択)(JIS寸法)

クリックすると拡大表示します

JIS 規格の「寸法公差」に基づき、寸法値に軸の常用公差(はめあい寸法)を簡単に追加(編集)するコマンドです。


詳細図 (Proのみ)

クリックすると拡大表示します

既存図形の任意の領域を、指定した尺度に拡大した詳細図として配置するコマンドです。 元図を編集すると、詳細図にも編集内容が反映されます。


矢視 (Proのみ)

クリックすると拡大表示します

矢視を作画するコマンドです。 矢印の先端位置と、文字の配置位置を指定するだけで作画が可能です。


切断記号 (Proのみ)

クリックすると拡大表示します

切断記号を作画するコマンドです。
切断線の先端や折れ先等、要素を指定するだけで断面記号が作画できます。


異尺領域の作成(矩形、円)

クリックすると拡大表示します

異尺表示するための領域を作成するコマンドです。
領域は矩形もしくは円で作成することができます。


異尺領域内図形の寸法を自動計算・変更

クリックすると拡大表示します

異尺領域内の寸法値を更新するコマンドです。
異尺領域内に作図を行った図形(寸法線を含む)は尺度 1/1 で作成されます。
本コマンドは、異尺領域内の図形に対して寸法値を再計算し設定された尺度により寸法値を修正します。


異尺領域の尺度変更

クリックすると拡大表示します

異尺領域内の尺度を変更するコマンドです。
異尺情報の確認と変更することができます。
尺度を変更すると、自動的に図形が拡大・縮小します。


異尺領域へ図形を移動したとき、形状の大きさを自動変更

クリックすると拡大表示します

異尺領域(内側・外側)の尺度に合わせて、形状のサイズを変更するコマンドです。
オブジェクトを異尺領域内外へ移動、またはコピーすることができます。
移動・コピーすることにより、自動的に図形の大きさを変更します。

異尺図形の移動・複写専用コマンドとなります。


文字入力・編集機能

クリックすると拡大表示します

容易に文字入力・編集を行うコマンドです。
・文字入力
画層、文字スタイルの設定、及び、既存文字データを参照する機能があります。
また、図面内の文字スタイル設定の内容を優先することもできます。

・文字列編集
図面内に記入している文字列を専用ダイアログ、もしくはメモ帳などの外部エディタで編集することができます。
表形式で表されている文字列を、そのまま表形式の画面で編集したり、専用ダイアログでの編集時には、スプレッド上でのマウス右クリックメニューから "半角->全角"、"全角->半角"、"小文字->大文字"、"大文字->小文字" のテキスト一括変換を選択セルに対して実行することができます。

また、文字列編集(専用)ダイアログ上でのマウス右クリックメニューから "ファイル出力" を選択することで、選択セル内のテキストを外部ファイル(TSV形式、CSV形式、XLS形式)に書き出すこともできます。


コメント入力

クリックすると拡大表示します

よく使用するコメントをリストから選択して配置するコマンドです。

指定したコメントテーブル(ファイル)をリストボックスに表示し、その中から選択したコメントを図面に記入することができます。 コメントテーブルには、和文と英文を併記し、コメント選択時 和文表示 / 英文表示 / 併記 するかを指定できます。

コメントファイルを xls形式として外部出力することも出来ます。


文字列カウントアップ複写

クリックすると拡大表示します

文字列を複写するコマンドです。

テキスト文字列を簡単に複写することができます。
文字列に対してカウントアップしながら複写したり、配列複写することもできます。

8進数、16進数を選択した場合、選択進数によるカウントアップ幅で処理することもできます。


表枠作成・変更機能

クリックすると拡大表示します

図面内に表枠を作成するコマンドです。

・表枠作成
部品表などに使用する表枠を簡単に作成することができます。
ダミー文字列を配置することで、文字ファイルインポート、文字列編集の表形式編集といった運用が簡単にできます。
また、図面内の文字スタイル設定の内容を優先することもできます。

・表枠変更
表枠作成などで作成した表枠形式の行数や列幅を簡単に変更することができます。


片側・対象ストレッチ

クリックすると拡大表示します

図形の領域を指定してストレッチさせるコマンドです。
矩形や多角形の片側一部領域のみを指定してのストレッチが可能です。