BRICSCAD - BRICSYS JAPAN

BRICSYS JAPAN公認サイトはビージェーソフト株式会社が運営しています。

私共は以下の様な方々の設計業務の改善を提供致します

1.解析を外部委託しているが結果を入手するまでの待ち時間を何とかしたい
2.解析を外部委託しているため予算的な問題で十分に解析できない
3.設計条件が厳しく、しかも短納期に対応しなければならない
4.解析経験者がいないので社内での解析は無理だし
解析を独学するのも無理
5.設計の妥当性を解析で検証し顧客にアピールしたい

貴社で似たような問題をお持ちならばぜひ1度お問合せください。
問題の解決策をご提案いたします。他社がどの様に解決しているかをも
交えて貴社向けのソリューションをご提案いたします。


ちなみにCAEと言うと難しいものとか専門家がやるものという思い込みが
多いようですが実はCAEには2種類のタイプがあります。それは....。
設計者向けCAEとハイエンドCAEです。各々の違いを以下に説明します。

1.設計者向けCAEとは"的を外さない"ことを目的とし操作を極力簡便に
仕上げたCAEのことを言います
2.そしてハイエンドCAEとは"的のど真ん中を"射貫くことを目的とし
設定・操作には相応の知識を当然の様に要求するものです

私共はBricsCADユーザ様向けの設計者向けCAEを貴社特有の問題に対する
解決策と共にご提案いたします。
以下に私共の提供する設計者向けCAE"AMPS Designer"の開発経緯と
開発コンセプトを記述いたしますのでご覧ください。

AMPS Designerとは

AMPS Designer とは、AMPS Technologiesが開発する設計者向けのCAE(Computer Aided Engineering)です。
開発元であるAMPS Technologiesの歴史について
 年代
 内容
 1994年
 インガーソルランドとオーエンズ-コーニングR&Dセンターから資金を得てコンプレッサー設計とモルテングラスのシミュレーションを行うために最先端のFEMを開発することにフォーカスするためにスタートした。
 1997年
 最新のFEM技術と現代のソフトウェア技術に基づいた発展的なFEMを開発するというメインゴールをもって最初の青写真通り商業用の開発を開始した。
 2004年
 CAE界から経営陣を招き入れAMPS Technologiesとして組織された。
 2005年
 この年の後半から世界的に製品リリースを始めた。
 2006年
 Daratech SUMMIT2006の未来技術会社の一つとして選ばれる。
 2017年
 アルファテックからBricsCADとインテグレーションする設計者向けCAEとしてリリース開始する。
1994年代の最先端のFEMとは非線形や連成解析を指しており、AMPS Designerはその流れを汲んだ製品なのです。

AMPS Designerの開発コンセプト

 AMPS Technologies社の ”設計者向けCAEのマーケット戦略” としての製品コンセプトはずばり

”解析に関するあらゆる問題を設計者が取り扱えるソウトウェアを提供する”というものであった。

その具体的な内容とは高機能を出来るだけ維持しつつ以下の3点を実現することであった。
①BricsCADから直接呼び出して使用できる
②アイコンの多用で直感的に使える仕様とする
③リーズナブルな価格で多くの設計者様に使っていただく