フロントローディングを可能とする設計者CAE

製造業での設計・製造においてはCAE(解析)技術が活用されています。
CAEでは設計した要件や形状に対して、ソフトウェアを用いてさまざまな現象についてシミュレーションします。

力が掛かったときに部品にどれくらいの負荷がかかるかを見る構造解析、
熱の分布や空気の流れを見る流体解析、機構の動作や現象を確認する機構解析など、さまざまな分野があります。

従来、製造業においては、設計者と解析担当は別々の部署や企業に属し、それぞれが連携し合いCAEに取り組むことが大半でした。
設計がある程度固まった段階で、解析専任部門にCAEによるシミュレーションを依頼することになる、つまり、設計開発の後半でCAEに取り組むということです。
しかし昨今の製造業は厳しい市場競争の最中です。製品は電子化され、さらに小型・軽量化が求められます。環境面への配慮も望まれています。
設計開発側に厳しい条件を付きつけられる中、従来のプロセスやスピード感のままのビジネスでは、市場の中で成長し続けていくことは困難です。
以前から製造業で注目されているのが、設計開発のプロセスのできる限り初期の段階からCAEを使っていく、フロントローディングの取り組みです。
今もそれが実現していない設計現場もあります。

設計者CAEによるフロントローディングの課題

CAEでフロントローディングする上での課題は多々あります。
またこのフローを回すには、解析技術に詳しくない設計者も自らCAEを使う必要があります。

例えば、以下のような問題が起こります。

  • ソフトウェアの操作が難解:海外発のソフトウェアが多く、UIやヘルプが日本語化されていないものが多い
  • 日本語化されていても難解で分かりづらい言い回しや用語が多い
  • 設計者は、CAEを使う上で必須の材料力学や有限要素法などの知識が十分ではないことが多い
  • 設計者と解析専任者の間でうまくコミュニケーションが取れない
  • CAEのライセンス価格はとにかく高い
  • ライセンス数が十分確保できない
CAEを使う上での座学教育にはきちんと投資をしていかなければなりません。
よって、ソフトウェアのライセンスコストやオペレーション教育の費用はできるだけ抑えたいところです。
しかし「安い」からといって、仕事で使える機能でなければ意味がありません。
また解析ソフトウェアは計算規模が大きくなると、並列計算が必要になります。
CAEのライセンスは並列数に応じて課金されることが一般的でした。解析結果の精度を高めたくても、高額なコストが気がかりとなります。

設計者CAEの壁を取りはらう、BricsCADとAMPS

CAEシステムの「AMPS Designer」は米国のAMPS Technologiesが設計者向けに開発しています。
AMPS DesignerはハイエンドCAEが原点のソフトウェアのため、計算プログラムは非常に高機能であり複雑な計算を伴う非線形解析にも対応します。
計算性能はメジャーなハイエンドCAEプログラムと同等でありながら、導入しやすい価格帯となっています。
また並列数が増えても、ライセンス費用の課金はありません。
高機能でありながら、解析に詳しくない設計者にとってもやさしく理解しやすいGUIを備えます。
境界条件の設定は、数値計算独特の言い回しをなるべく避け、設計者が普段使い慣れた設計用語や値を用いて行えます。
BricsCAD+AMPSであれば3D CADの使用経験は問わず、2D CADがメインの設計者も、解析専任者もすぐ使えるようになります。
BricsCADで作成した3Dモデルをすぐシミュレーションし、その結果から、解析専任者が設計者に形状を提案することもできるようになります。
AMPS DesignerとBricsCADで、全ての製造業の皆さまのフロントローディング実現を支援します。

ページトップ