CAD活用のご提案

2D/3Dデータのシームレス運用がカギを握る

製造業の方へのご提案

2Dか3Dか、ローエンドかハイエンドかなど、世の中に流通するCADの数々には価格帯やスペックにも幅があります。
デジタル化が加速する製造業において3D設計が広まる一方で、2D設計が最適対応しなくてはならない分野もあります。2D/3Dデータをシームレスに対応することがワークフロー最適化のカギといえるでしょう。

i-Constructionに乗り遅れないために

建築・土木業の方へのご提案

ハイエンドなCADや、BIMなどの仕組みへの投資は高額になりがちです。限られた予算の中、コストダウンばかりになってしまえば、業界の流れから取り残され企業が成長し続けていくことが難しくなります。
そこに現実的な解を出す支援ができるのが「BricsCAD」です。

3D設計やBIMへのシフトが進む中

2D CAD選定の重要なポイントとは

3D CADへシフトする企業が増えてきたとはいえ、分野や製品によっては2D CADで設計する企業はまだ多く存在しています。現状の2D設計のプロセスを無理なく継続しながらも、将来の3D CADへのステップアップへ備えることが必要とされています。

2D CADユーザーが3D CADを導入しようと考えるとき

3D CAD導入を阻む大きな2つの障壁

2D CADだけで十分と考えている企業はまだたくさんいます。しかし、今後デジタル化が進み建築物も製造業もますますスマートで複雑になっていけば、2D CADのみで対応するのは難しくなっていくのではないでしょうか。

グローバル化が進む建築業界で注目されるBIM

日本のBIM普及の課題とは

土木業界では国土交通省の推し進める「i-Construction」への対応が始まっています。 ICTによる建設生産システム全体の生産性向上や魅力ある建設現場を目指す取り組みにもBIMは密接に関係しています。

設計開発プロセスの初期からCAEを使っていく

フロントローディングが可能な
設計者CAE

設計開発側に厳しい条件を付きつけられる市場競争の最中で成長し続けていくには、設計者自らもCAEを扱うフロントローディングへの取り組みが必要です。

ページトップ